初心者にもおすすめ!大人かわいいあみぐるみの本「あみぐるみの森」

あみぐるみ

とてもかわいい「あみぐるみ」の本を見つけたので紹介します。

 

理想のあみぐるみに出会った

編み物をはじめて、マフラーやレースのドイリーが編めるようになってくると、立体的な「あみぐるみ」にも挑戦したくなってきました。

 

だけど、手作りのぬいぐるみや人形はなんだか魂が込められてしまいそうで、簡単には捨てられないし、インテリアとの兼ね合いもあるしでなかなか手を出せずにいました。

 

ネットであみぐるみを検索しても「これなら初心者の私にも編めるかな?」と思うものはあっても、「部屋に飾りたい」と思えるようなデザインのものは見つからなくて…。

 

そんな感じでうだうだ悩んでたら、私が求めていたあみぐるみにぴったりの本を見つけました。

 

 

おおまちまきさんの「あみぐるみの森」という本です。

表紙のバンビがめっちゃかわいいです。

 

一般的なあみぐるみは、ぐるぐると丸く編んで、丸い頭と丸い胴体と丸い手足をくっつけてるものが多いのですが、この本に載っているものは各パーツを平らに編んで繋ぎあわせるという編み方です。

 

テディベアなどの、ぬいぐるみを作る手法と同じ要領です。

 

だから、よくあるあみぐるみとは違って立体的で、子供っぽすぎず素朴な仕上がりになります。

これなら部屋に飾っても、そんなに野暮ったくならないかなと思うのです。

 

 

早速編んでみました

各パーツ

各パーツを編みます。

細編みだけでサクサク編めます。

耳や鼻などの小さなパーツが意外と難しいです。

 

各パーツをつなぎ合わせて、綿を入れたら、あっという間に完成です。

あみぐるみヤギ

どうでしょう。ヤギです。

本の見本のようなきれいなフォルムにはならなかったけど、はじめてにしては可愛くできたので満足です。

 

「あみぐるみ」と言うより、ぬいぐるみに近い感じです。

毛糸の種類を本の指定の糸にしたら、よりリアルな感じに仕上がるかも!

あみぐるみの森

 

ヤギの他にも、うさぎやリス、くま、きのこなど、どれも本当にかわいいです!

わかりやすい解説のページもあるので、初心者でも編むことができます。

上手に編むことができたら、プレゼントにも喜ばれそうですね。