柿はりんごと一緒に入れておくと追熟して食べごろに

柿の写真

すっかり肌寒くなってきた秋のある日、田舎のおばあちゃんから大量の柿が送られてきました。

自宅で採れたもののようで、傷ついて痛んでいるものもあれば、まだ青くて固いものもあります。

 

 

柿は追熟する果物

こんなにたくさん、すぐには食べきれないので、保存方法を調べていると、どうやら柿は追熟する果物とのことです。

固いものは、常温で数日置いておくと完熟になるそうです。

収穫してすぐに食べるより、一定期間置いた方が甘さが増し、美味しく食べることができます。

 

だけど、早く完熟を食べたいときはりんごや熟したバナナと一緒にビニール袋に入れておくと、りんご達が発する「エチレンガス」という物質のおかげで、追熟を促すことができるそうです。

ということで、早速やってみました。

 

 

完熟前の柿とりんごを袋に入れる

りんごと柿

まだ少し青い柿を、りんごと一緒に袋に入れて常温で置いておきます。

 

★1日後

1日後の柿

ほんのり色づいてきたような気がしますが、まだ物足りないので、ふたたびりんご袋の中に。

 

★2日目

継続して袋の中で待機。柿のことを忘れてお出かけしていたので、写真を撮り忘れました。すいません…。

 

★3日目

3日後の柿

すごいです!かなりいい赤く熟してます!

比較するとこんな感じです。

柿の比較

1日だけだとそんなにかわらないけど、3日もりんご袋に入れていたらこんなに赤くなります。2日目の様子が気になりますよね。本当にすみません。

3日目の柿は結構柔らかくなっていたので、2日目で食べてもよかったかも。

 

ちなみに、常温で何もせず追熟させるより、りんごと一緒にする方が甘みも増しておいしく感じました。

柿の他にも、キウイや洋梨、アボカドもりんごで追熟させることができるそうです。

 

ぜひ、おためしあれ。