映画「ジャングル・ブック」感想。人間味あふれる動物たち!

ジャングルブック

映画「ジャングル・ブック」を観ました。
ネタバレなしの感想です。

 

簡単なあらすじ


ジャングルで育った少年モーグリと、ジャングルで暮らす動物たちの話です。

ジャングルに一人取り残された小さな子どもを黒ヒョウが見つけ、オオカミたちに託します。

その子がモーグリです。

 

モーグリが少年に育ったある日、人間を恨むトラのシア・カーンがやってきます。

モーグリの命を狙うシア・カーンから守るために、黒ヒョウはモーグリを人間の村に返そうとします。

 

その旅の途中で出会った動物たちから、ジャングルのこと、人間のこと、様々なことを教わりながらモーグリは自分の居場所を見つけます。

 

 

主人公モーグリ以外すべてCG

ジャングルブック

ジャングル・ブック|映画|ディズニー|Disney.jp |

 

ディズニーのアニメーション映画「ジャングル・ブック」を、最新の映像技術で実写化したこの作品。

トラや黒ヒョウはもちろん、モーグリが走り回るジャングルも、川や滝もすべてCGで作られたものだそうです。

光の当たり方などすごく自然で、全く違和感なくジャングルそのまんまです。

あの広大な風景が、ブルーバックのスタジオで撮られていたなんて、衝撃です。

 

動物たちの表情も、動物らしさを残しつつ感情もむき出しになっているので、こういう動物の生き生きとした表現の仕方は「さすがディズニー!」といった感じです。

 

 

日本語吹き替え版は…

私が行った映画館では吹替版しかやってなかったので吹替版を見ました。

事前情報なしで見たので、エンドロールを見てはじめて豪華なキャストだったことに気付きました。

俳優さんが声優をやるのはいいけど、誰が声をやってるのか知らない方が作品に集中できる気がしますね。

知ってしまうと、その俳優さんの顔がちらついてしまうので…。

 

見る前に知りたいという方はコチラ

日本語吹替版キャスト|ジャングル・ブック|映画|ディズニー

 

声優のせいではないんだけど、動物が日本語を話しているとやっぱりアニメっぽくて、慣れるまではちょっと違和感。

英語+字幕で見た方が、動物らしさがリアルに感じるのかなと思いました。

予告映像を見ると、動物の口の動きも英語の発音に合わせて動いていますしね。

 

 

子どもと一緒に家族で楽しめる映画

ストーリーはシンプルでちょっと物足りなかったけど、個性的な動物たちのキャラクターは見ているだけでも満足です。

モーグリを我が子のように思うオオカミや黒ヒョウの「愛」は、他のディズニー作品同様、心に染み渡りました。

モーグリと同世代ぐらいの子どもは、文句なしに楽しめると思います。