ここは絶対行ってほしい!金沢のおすすめ観光スポット

金沢駅

昔ながらの歴史を感じさせつつ、近代的な建物も多い金沢。金沢駅なんてまさに「温故知新」を具現化したおもしろい建物ですよね。「世界で最も美しい駅14選」に国内で唯一選ばれています。

 

そんな金沢で、ぜひ行ってほしいおすすめの観光スポットを紹介します。

 

兼六園

兼六園の写真

言わずと知れた日本三名園のひとつ「兼六園」。ミシュランの三ツ星にも選ばれた世界に誇る日本庭園です。

 

6つのすぐれた景観に注目!

「兼六園」の名前の由来は、中国の「洛陽名園記」という、名園の紹介文に書かれていた言葉が由来です。

宏大を務むるは幽邃(ゆうすい)少なし、人力勝れるは蒼古(そうこ)少なし、水泉多きは眺望艱し。

広大なものは幽邃(ゆうすい)ではないし、人工のものは蒼古(そうこ)ではないし、水泉があると眺望が難しい。

  • 広大……広々と開放的なこと。
  • 幽邃……深林のように奥深く静かなこと。
  • 人力……人工的なもの。
  • 蒼古……自然そのまま。
  • 水泉……池や小川など。
  • 眺望……遠くまで見渡せること。

この相反する六つの景観を兼ねそろえている庭園が「兼六園」なのです。

この六つの景観「六勝(ろくしょう)」を意識して散策すると、より深く楽しむことができます。

 

 

見どころたくさん

広大な庭園を隅々まで見て回ると、2時間はかかります。

兼六園の写真

見どころはたくさんありますが、私が特に印象に残ったのは「松」です。

根上松

園内にはたくさんの松の木が植えられていますが、ひときわ大きいこちらの松は「根上松(ねあがりのまつ)」といって、根っこが地上にむき出しになってます。

自然にできたものではなく、植えるときに盛り土をして、大きくなったときに盛り土を取り除いてこうなったそうです。「根上」と「値上がり」をかけて、商売繁盛にご利益があるそうです。

 

近くで見るとすごい迫力です。

 

兼六園の写真

冬に行くと雪国ならではの「雪吊り」がしてあり、風情が感じられます。これは雪の重みで木が傷まないようにするためのもの。

春は桜、夏はカキツバタ、秋は紅葉と、四季折々の楽しみ方があるので、何度でも訪れたいですね。

 

無料開園の日時もチェック!

開園前の早朝や、お盆、正月など無料で見られる日もあるので、事前に確認して行こう!

兼六園ホームページ

 

 

 

金沢21世紀美術館

「金沢21世紀美術館」は芸術に興味がない方も、子どもから大人まで楽しめます。

展示物は現代美術なので、ピカソやゴッホのような誰でも知っている作品はないけれど、「これどうなってんだ?」と驚くようなものがたくさんあります。

 

スイミングプール

有名な作品「スイミング・プール」。

本当にプールの中にいるような、不思議な写真を撮ることができます。

 

加賀友禅のイス

何気なく置いてあるイスもアート作品。

加賀友禅の図案をモチーフに作られているそうです。実際に座って休む事もできます。

 

雲を測る男

屋根の上にもアート作品。

一見、なんだろ?って感じですが、タイトルを聞くと納得。

「雲を測る男」だそうです。

 

館内は有料の「展示会ゾーン」と、無料で見ることができる「交流ゾーン」に分かれています。無料エリアだけでも、公園のような感覚でゆったり楽しむことができるので、展示に興味がない方も気軽に行ってみてください。

 

金沢21世紀美術館ホームページ

 

 

 

妙立寺(みょうりゅうじ)

妙立寺

出典:妙立寺ホームページ

 

加賀藩ゆかりのお寺「妙立寺」、人呼んで「忍者寺」です。

このお寺、普通のお寺じゃないんです!

 

まるで本物の忍者屋敷!?

敵(江戸幕府)からの攻撃をさける為に、建物のあちこちに仕掛けがしてあるのです。

 

例えば、攻めてきた敵を落とす為の落とし穴や、隠し階段内側から開かなくなるドアなど様々な工夫がしてあります。建物自体も迷路のようになっていて、ぐるっと回って同じ場所に出てきたり「ココとココがつながっているのか!」という驚きがあったりでおもしろいです。

セコムなんてない時代だから、本当に必死で考えたんでしょうね。

 

外から見ると2階建なのに、内部は4階7層になっていて、部屋数はなんと23室!

見学は40分ほどのツアーになっていて、10人ほどのグループに1人のガイドさんが付いて説明してくれます。そのため事前予約は必須です。

 

私は当日「今から行きたいんですけど空いてますか?」と連絡したら、運良く最終のツアーに空きがありました。休日は混むので、早めの予約をおすすめします。

大人も子どもも楽しめますが、就学未満のお子様は不可です。

 

妙立寺ホームページ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。